top > 採用情報 > 社員インタビュー > レジ・一般食品 宇佐見真以

社員インタビュー

任される責任の分だけ、やりがいも大きい。もっとお客様に喜んでもらえる売り場づくりを目指す。 宇佐見真以の写真

説明会で採用担当の伊藤さんから「少なくても週1日休みがあり、6時には閉店する」という話を聞いて、他のスーパーとは違い面白そうだなという印象を持ちました。店舗へ見学に行くと、お店の皆さん元気の良さに圧倒され、私も一緒にやりたいって思い入社を決めました。
今はお菓子の担当をしています。商品発注から陳列、値付けなどを任されています。自分が「これが売れる」って思った商品をいっぱい仕入れて、それを目玉として提供する。それがお客様にも喜んでもらえて、売上に繋がった時に、すごく達成感を感じます。以前、ある商品をたくさん売ろうと思い大量に仕入れたのですが、納品されたらバックヤードが代車で埋まるくらいの量で。。。その時は顔が青ざめました。それを必死に売ったのが、とても印象に残っています。
タチヤは若い時からすごく責任を持たせてくれる会社なので、やりがいはとても大きいですし、いろんな経験ができるので、すごく成長に繋がっていると思います。今後は一般食品の部門でも、仕入れを担当し売上も上げていける担当者になりたいと思います。

突撃!! 社員インタビュー

Flashの代替画像|対応したFlashプレーヤーがインストールされてない場合、この画像が表示されます

インタビュー社員一覧へ戻る

WORK SCHEDULE
ページTOPへ